月例景気見通し1月版

個人消費・非製造業にやや明るさ、反面製造業は頭重い動き(2023.1.15)

最新コメント

金融政策の転換と明年経済の展望(2022.12.22)

月例景気見通し12月版

緩やかな景気回復が続くが、資源輸入と円安で10月の貿易収支は最大の赤字、物価上昇に伴う実質所得減少から家計の先行き感は弱気化(2022.12.9)

<論文・講演>「経済人」

遅れる金融政策転換の弊害−『金融財政ビジネス』2002年12月5日号(小見出し加筆(2022.12.5)