最新コメント

日本経済はスタグフレーションの瀬戸際に(2024.2.18)

月例景気見通し2月版

物価高騰の持続で国内民間需要は冴えないが、輸出と政府消費支出に支えられて緩やかな回復は続く(2024.2.10)

月例景気見通し1月版

消費態度、投資計画には意欲があるが、物価高騰で「実質」支出がついて行けず、現実の回復テンポは緩やか(2024.1.12)

最新コメント

輸入インフレの国産インフレ転化よって高インフレが続いているにも拘らず異次元金融緩和を転換しない日銀(2023.12.21)